地元スタッフによる群馬就活情報サイト


2019/09/05

群馬の企業インタビュー【ファームドゥ グループ】④

戻る
群馬の就活情報 ぐんまシューカツnet

 

 

群馬の先輩インタビュー
【ファームランド株式会社】②

 

 新鮮な地元野菜が並ぶ販売店「食の駅」でおなじみのファームドゥグループ。ファームドゥ・ファームランド・ファームクラブの3社をファームドゥホールディングスが取りまとめてグループの舵取りをしています。今回は、ファームランドの大澤駿さんにインタビューしました。

 

見出しファームランド大澤の

 

 

社会人4年目ですが、働きやすさについてはどうでしょうか?

 

 新しい事業に積極的に取り組んでいて、社内に若手が多いので、フレンドリーで働きやすい会社です。私の部署は、農業、建設など多くの分野の知識が必要になりますので、社会人として成長できていると実感しています。

 

 


大学生にメッセージをお願いします!

 

 社会人になると自由な時間が限られてしまうので、学生時代の時間を利用して、新しいこと、興味のあることにチャレンジしてほしいと思います。私は、仲間と一緒に突発的に富士山に登ったり、四国めぐりをしましたが、知らなかった世界を見ることで視野が広がっていきます。学生時代に、多くの経験を積んで、就活や社会人生活に役立ててほしいと思います。 
 就活については、『食』関係にも多くの企業がありますが、業界を調べて多くの企業を実際に見てほしいです。群馬県内、近郊には多くの優良企業があるので、ネームバリューとかで決めるのではなく、自分に合った企業を見つけてほしいと思います。

 

 

 

 


■学生記者 取材後記

                                                                                         共愛学園前橋国際大学2年 竹内将也




 今回、私は大澤駿さんのお話をお聞きしてきました。日中のオフィスにお邪魔し、実際に働いている社員さんのお話をお聞きするということは「職場」というもの、そして数年前までは学生だった「社会人」という人たちのリアルさをダイレクトに感じる経験でした。

 印象として一番大きかったものは、幅広く新しいことに取り組んでいる企業なのだなということです。モンゴルへ海外事業の視察に若い社員さんが行くということも、若い人を大切に扱ってくれていることが伝わってきますし、幅広い事業に取り組んでいらっしゃることも感じ取れます。大澤さんが色々なことができるのが楽しいとおっしゃっていましたが、その言葉に納得しました。幅広いことに取り組むということは、同時に自分の視野を広げるということでもあると思いました。初めは興味がないことでも、やってみると案外楽しかったりしますし、逆に自分の実力が全く通用せず、できるようになるため努力を重ねて人よりも上手にこなせるようになったりすることもあると思います。色々なことを経験すればするほど、人はレベルアップできると思うのです。そのようなことができる機会を企業側から貰えるという意味で、社員を大切にしていると思います。

 もちろん、人よりもたくさん行動するということはしんどいことでもあると思います。実際に大澤さんから「働くことは大変こともある」ということもたくさんお聞きしました。それでもその行動に付随する何かに本質的な価値を感じたり、その価値を仲間と共有できたりすることで乗り切れるのだと思います。

 今回の取材では「大変」も「楽しい」も感じて働いている社員さんいらっしゃるのだということを知ることができました。そんな企業が地元にあるということ知ることができて良かったですし、私自身も視野が広がりました。今回はご同行させていただき、またお話を聞かせていただきありがとうございました。

 


 

ファームドゥグループ

 

~ファームドゥホールディングス編~
Part1
Part2

 

Part3