地元スタッフによる群馬就活情報サイト


2016/07/11

内定2社以上の学生増加

戻る

就活内定数平均は2.17社 

 

 

20575

 

 

2017年卒の大学生の内定数の平均は、7月1日時点で2.17社となっていることが発表された(リクルートキャリア)。

 

 

 

就活生の内定は4月以降から徐々に増加し、7月1日現在で多くの学生が複数の内定を得ている状況という。

 

 

 

調査によると、57%の学生が、2社以上から内定もしくは内々定の報告を受けているという。この数字から、優秀な学生が複数の企業から内定をもらっていることがわかる。群馬県内でも、ひとりの学生が複数社の内定を得ているケースも少なくない。

 

 

群馬県内の大学関係者は「大学生活をしっかりと送った学生には、人材を確保したい企業が、早い段階で内定を出しているケースがある。内定をもらえる学生と、もらえていない学生の2極化になっている」とも話す。

 

 

複数の内定を得ている学生は夏場に、内定辞退の連絡を入れるケースが多い。企業によっては今後のセミナーなどの参加者の中から、追加合格を出す可能性もあるので、夏場のセミナーに参加するのも良いだろう。

 

 

群馬県内では8月8、9日(グリーンドーム前橋=群馬県中小企業団体中央会)で「群馬で就職!合同企業説明会」を実施する。

 

詳しくは

「群馬で就職!合同企業説明会」