地元スタッフによる群馬就活情報サイト


2019/10/09

【働き方改革】ローソンが元日を休みに

戻る
群馬の就活情報 ぐんまシューカツnet

 

 

働き方改革は大企業から

 

reji_cashier_supermarket_man

 ローソンは9日、店舗スタッフの働き方改革の一環として、来年1月1日に全国約100店舗を一斉休業させると発表しました。
 店を閉じる時間帯は一律ではなく、1日中休む店舗もあれば、6時間だけ休む店舗も出てくる可能性もあり、どのような形で休業してくのかは、加盟店のオーナーと相談して決めていく方針。都心部のオフィス街など元日にほとんど来客がない店舗では、以前から開店させることに疑問を呈する声も上がっていたことから、そのような店舗から元日休業にチャレンジするとのことです。

 働き方を見直すきっかけになったのは、深刻な人手不足です。24時間365日オープンしているということこそコンビニの大きな価値ですが、それが保てなくなってきました。「いつでもやってるからコンビニじゃないか。そんなのコンビニじゃない」という意見も少なからずあるでしょう。しかし、コストと人的負担をかけてまで赤字のサービスを続行すべきでしょうか。コンビニが休むということは、そのスタッフだけでなくコンビニにお弁当などを提供している工場、新聞や雑誌を届ける業者、ATMのお金を管理する警備会社など、付随して休める人が出てきます。

 これをきっかけに過剰なサービスを見直す動きが広がる可能性もあります。あなたはどう思いますか?