地元スタッフによる群馬就活情報サイト


2020/01/20

話題の「内定辞退セット」

戻る
群馬の就活情報 ぐんまシューカツnet

 

 

「内定辞退セット」が話題沸騰!


理想の内定辞退とは⁉︎

 

 

 最近、ネット上でも大変話題になっているのが「内定辞退セット」。株式会社日本法令という会社が手がける書式で、内定辞退をうまく言い出せない人や、“あとを濁さず”スマートに辞退したい人のために開発されたそう。セット内容は、内定辞退の手紙用便箋、封筒、キレイにかける文例付下敷きなど。内定辞退におけるマナー解説や特典動画もあるといいます。

imgrc0083964902
ちなみに楽天で550円(税込)。

 

 

■ネットでは様々な意見が飛び交う

 会社側は、不採用の場合は「連絡なし」か、いわゆる「お祈りメール」が一般的です。ですから内定辞退もメールで済ませればいいという意見が多いようです。学生側だけが気を使って手書きの書簡を出すのは不公平ということです。一方で、マナーを重視すべきという声や、内定辞退の連絡をして怒られることを恐るあまりこのような商品に頼らざるを得ない若者を嘆く声も。

 

 

■内定辞退はどうするのがベスト?


 シューカツnetがオススメするのは電話です。その理由は
・一刻も早く伝えられる
・声で伝えることで「申し訳ない」という気持ちを乗せやすい
・相手の時間を奪わない

この3つです。基本は採用担当の方の「仕事を邪魔しないこと」を念頭に考えてみてください。担当者は採用が仕事ですから、辞退者が出たら他の人で検討し直したり新たに採用活動を続けたりしなくてはなりません。だから内定辞退はなるべく早く知りたいのです。内定辞退の意思が固まったらすぐに伝えることが大切です。手紙をしたためている時間があったら1本電話をしてしまった方が担当者には喜ばれます。

 採用が数十〜数百人以上の大企業で担当者とのやりとりが常にメールのみだった場合は、むしろメールの方がいいかもしれません。とにかく手間をとらせないことが重要です。

 逆に、中小企業でとてもアットホームなもてなしを受けてきてしまった場合、断りづらくなるのは当然です。「電話で話すのも辛い」「申し訳なさすぎる」という時には手紙を出すのも一つの手。自分の気持ちにしこりを残さない方法と言えるでしょう。ただ、企業側にとっては手紙だろうとメールだろうと「内定辞退」という結果は同じ。「内定辞退セット」はあくまで学生の心に寄り添った商品なのですね。