地元スタッフによる群馬就活情報サイト


2016/07/27

企業インタビュー ㈱コシダカ ②

戻る

【群馬の企業インタビュー 株式会社コシダカ②】

 

株式会社コシダカ

カラオケまねきねこ 群馬営業部(佐野大橋店)

店長  西野義治さん(2013年入社)

 

群馬を発祥として全国400店舗以上を展開するカラオケまねきねこ(株式会社コシダカ)。入社4年目(2013年入社)の群馬営業部・西野義治さんに就活と仕事について聞きました。

 

縺セ縺ュ縺阪・縺・DSC_4545

 

 

■最近のカラオケ事情は?

 

最近、朝に健康づくりの一環で利用する方が多くなっています。シニアの方はもちろん、出勤前の社会人や学生も朝6時頃からご来店されます。まねきねこでは、このニーズをサービスの中にとり入れ、「朝うた」というキャンペーンを全国展開しています。午前7時から12時まで3010円で思う存分歌えます。

また、個室で周りを気にせず話が出来るため、友人同士で集まるコミュニケーションの場としてもご利用いただいています。

このようにお客様のご利用は多様化してきております。これからもお客様のご要望に合ったサービスを柔軟に提供していきたいと思います。

 

 

 

コシダカとの出会いは説明会

 

入社の決め手は教育・接客という〝共通点〟

 

 

 

■就活はいつから始めましたか?

 

大学3年生の5月から就職活動の準備を始め、12月ごろからは合同説明会へ積極的に参加しました。会社の情報を先輩に教えてもらったり、大学で開催されていた就活講座を受けたりしました。活用できるものはどんどん活用して、たくさんの人の意見を聞きました。その中でも、自分がどんな風に見られているか聞いておくことは自分の癖や印象を知る良い機会になりました。

 

 

■「コシダカ」との出会いは?

 

合同説明会です。もともとは教育関連の企業ブースを回っていたのですが、「コシダカ」の担当者の方に声をかけていただき、自然とブースに立ち寄りました。それまでは「コシダカ」も「まねきねこ」も全く知りませんでしたが、スッと入ってしまいました。それが出会いでした。

 

 

■説明を聞いてどうだった?

 

考えたことをどんどん実行に移す、「スピード感のある会社」という印象を受けました。私は学生時代にアルバイトで接客業を経験していましたが、その当時カラオケに「接客」のイメージはありませんでした。説明会では「接客重視でお客様との関わりを大切にしている」という話がありました。人事担当の方がとても穏やかな話し方だったので、もしかしたらこれは「接客」で培われた技術なのかな、とも興味が涌いてきました。

 

 

■その後、面接に進んだのですね?

 

はい。その前に、本当に接客重視なのかどうしても気になったので、実際に「まねきねこ」に足を運んで確かめました。自分自身で「接客重視」を実感してなるほど!と納得できたので面接を受けることを決めました。

 

 

■最終的に入社の決め手となったものは?

 

店長の仕事は店舗全体のマネジメントであり、その中でスタッフへの教育や指導を学ぶことが出来る点が、当時自分が希望していた教育関係の仕事に通じていると思いました。アルバイトの経験から接客も好きでしたし、スタッフと一緒に働く中でその経験を活かしたいと思いました。「教育」と「接客」という共通点を活かせる会社だと判断して入社を決めました。

 

 

■入社してからの成長は実感できる?

 

会社が次々と新しい展開をし、成長しているため、その成長スピードに追いていくのは大変です。少しでも追いつけるように、私は日々自分に小さい目標を課してそれを必ず達成するように意識しています。1日1日の成果は小さくても、一ヶ月・一年と継続して振り返ってみたときに、成長を実感することができました。

 

 

■今後、どんな社員になりたい?

 

現時点では1店舗のみの店長をしておりますが、複数店舗を管轄する上級職を目指しています。またコシダカグループにはカラオケ事業の他にも温浴事業やフィットネスのカーブス事業など多岐に渡った事業があります。自分の経験を活かせる場所であれば、どこでも頑張りたいです。

 

 

■就活生へメッセージをお願いします!

 

就活は「一期一会」だと思って活動することが大切だと思います。私は1回の面接の度に必ず事前準備をし、終わった後には何が良かったか・何が悪かったか振り返りをしました。結果として縁がなかったとしても、そこから得るものは必ずありました。失敗したことを教訓と捉え、次に活かすことで、その11回が自分を成長させる貴重な経験となりました。もちろん大変なこともありましたが、全ての行動が今の自分につながっていると考えています。

 

                              以上

          2016年7月 まねきねこ佐野大橋店にて取材

Part1

株式会社コシダカホールディングス