地元スタッフによる群馬就活情報サイト


2018/05/08

就職は県内?県外?アンケート結果

戻る

どうして群馬に?どうして県外に?

良い環境で働くには?

 

 

 

上毛新聞は県内の大学や専門学校の新入生を対象にアンケートを実施した。(1188人が回答)

その中で、卒業後の進路希望を尋ねたところ、県内・県外がほぼ同じ割合となった。

 

image001

県内就職を希望する学生に理由としては

「群馬が好きだから」

「地元に貢献したい」といった回答が目立った。

一方、県外就職を希望した学生は

「若いうちに上京したい」

「県内に魅力的な企業がない」という意見もあったという。


県内就職を考えた際、行政などに期待する支援について、

「1年時から就活を意識できるよう、講演会や説明会を開いてほしい」

「結婚、出産に対する支援」

「働きやすい環境づくり」

など、仕事と家庭を両立できる環境の整備を求める意見も多く見られたという。これは、働くことを「遠い将来の話」ではなく、近々自分の身に待ち受ける現実的な事象としてしっかり受け止めたいという気持ちの現われだ。

企業研究をする際に、自分の目指す働き方に近づくことができるかまで踏み込んで研究することも必要だろう。積極的に講演会やインターンシップに参加するなど1、2年からできることも多くある。「就活=3年から」という常識にとらわれず、就活をより長期的に考えることも有効だろう。