地元スタッフによる群馬就活情報サイト


2018/05/15

女性管理職の登用状況

戻る
群馬の就活情報 ぐんまシューカツnet

 

群馬の公務員


女性管理職はどのくらいいるの?

 

kaisya_woman

 

上毛新聞は、県と県内12市の管理職(係長以上)で女性の占める割合を調査し、結果を発表した。

最も割合が高かったのは館林市の33.1%で、前年より0.2ポイント上昇した。館林市は20年度までに「課長以上13%以上、係長以上30%」を目標に掲げている。館林市に次いで前橋市25.1%、渋川市24.9%、みどり市24.5%、と続いた。

一方、最も割合が低かったのは安中市の14.8%。同市は目標を19年度までに「係長以上30%」と掲げているが道のりは遠そうだ。

女性管理職の積極登用には時間外労働の削減など労働環境を整えることはもちろん、出産、子育てによるブランクが昇進に消極的になる要素とならないように意識づくりをする必要があるという。

 


【女性管理職の割合 高→低】


館林  33.1%

前橋  25.1%

渋川  24.9%

みどり 24.5%

伊勢崎 23.5%

桐生  22.9%

沼田  20.0%

高崎  19.5%

富岡  16.5%

藤岡  15.9%

太田  15.8%

安中  14.8%

県(次長以上) 14.0%