地元スタッフによる群馬就活情報サイト


2018/06/01

勝負!?の6月スタート

戻る
群馬の就活情報 ぐんまシューカツnet

 

 

いよいよ正念場


就活が「動く」6月

 

 

7a0de9f73b4ffa8309b42379a4553364_s 

 

きょう6月1日は経団連の定める面接解禁日。大手企業の採用活動も後半に差し掛かった。


しかし、ディスコの調査によると5月1日時点で面接試験を経験した人は全体の87.5%に上り、最終面接を経験した人も54.3%と過半数に達している。すでに内定を持ちながら就活を続けている人も28%おり、経団連加盟企業とそれ以外の企業で採用時期にズレが生じているとも言える。ルールはあくまで目安であり、非加盟企業の動きは年々早まっている。


シューカツnetの地元企業への聞き取りでも5月は面接試験を行っている企業が多数あり、さらに社長面接まで行って採用活動を終えている企業もあった。前橋市内の中小企業採用担当者が「インターンシップに来てくれた学生に、ぜひ採用試験を受けてもらうよう早期から呼びかけていた」と話すように、売り手市場で採用に苦戦する企業側では、実質的な“青田買い”も行われていることが垣間見える。

とはいえ県内でも6月は内々定を出す企業が増えてくる。必然的に内定辞退者も増える。学生にとっては就職活動を終わらせることができるか、企業にとっては採用活動を終わらせることができるか、勝負の6月だ。