地元スタッフによる群馬就活情報サイト


2016/03/30

注意したいマナー10項目

戻る

ビジネスマナー編②

~面接会場でチェックする10ポイント〜

「マナーコンサルタントの就活生に向けたマナー講座」

 

面接会場でチェックする10ポイント

 

【仕草はチェックされていますよ】

ある企業の社員教育、女性社員の採用をさせていただいて16年経ちますが、私が面接以外でチェックしているのは、待ち時間の態度、面接官以外のスタッフへの態度です。

 

面接官である私共に悪い印象を与える人はいません。でも、帰りに受付に「お世話になりました」「ありがとうございました」と挨拶できない人は、意外にたくさんいます。

 

何年か前に、ある店舗の女性スタッフの採用面接をした際、その人が車で帰る様子をお見送りしながら見ていました。すると、車の助手席に乗ると(何とお父様が送り迎えをしていました)会社で渡した書類を後ろの席に放り投げたのです。

 

面接ではとても良い印象だったのに、最後にそのような態度を見てしまい、裏切られた気持ちになったことを思い出しました。私は、面接の段階で「採用可」の評価をしましたが、「不可」に訂正しました。人はどこから見られているかわかりません。日頃からきちんとした行動を行う必要があります。

 

その他、注意してほしい10項目を挙げます。

 

  1. コートやマフラーは入口で脱ぐ
  2. 待合室で待つ時もリラックスしすぎない
  3. 携帯は必ず電源を切るか、マナーモードに!バイブもNG!
  4. 面接の待ち時間は、時間があってもスマホを持たない。スマホに対する認識は世代で違う!と心得てください。若い皆さんにしてみれば、当たり前の光景でしょうが、あまりきれいではないと思う人もたくさんいます。
  5. 間違っても、ゲームなどしないこと。
  6. 応接室、待合室で席を指定されなかったら、下座(入口に近い席)に座る。
  7. 担当者が現れたら、必ず立って挨拶
  8. バッグはソファーや椅子に置かないこと。バッグの底は靴底と同じと考える。
  9. 帰り際、椅子を整える。
  10. 飲み物を出してくれた方、廊下ですれ違った方、受付の方にもきちんと挨拶。

 

人の本当の気持ちというのは、最後の所作に表れると言われます。面接が終わってホッとしても、会社の敷地を出るまでは気を抜かないでくださいね。

 

ビジネスマナー編①~マナーは形ではなく心〜

https://gshukatsu.net/archives/60

 

情報提供:

野口輝美(のぐちてるみ)

マナーコンサルタント。自動車会社社長秘書を経て、現在は群馬県内企業・各種学校・病院など様々な職種でマナー研修を行う。