地元スタッフによる群馬就活情報サイト


2018/08/05

「女子学生一律減点問題」がもたらした問題提起

戻る
群馬の就活情報 ぐんまシューカツnet

 

「女子学生一律減点問題」

就活生にとって他人事ではないはず!

 


読売新聞は2日、衝撃的なニュースを発表した。

東京医大、女子受験生を一律減点…合格者数抑制

東京医大の入試で女子学生の点数を一律に減点し、女子の合格者を抑えていたというニュース。この行動の理由として、「女性医師は結婚・出産によって現場を離れることが多く、医師不足の要因を減らすため」だという。受験勉強に励んできた女子学生の努力もむなしく、女子だからというだけで不合格になってしまった学生がいる。非常に残念な事態だ。

このニュースは多くの反応を引き出し、医療界だけでなく日本全体の労働環境問題へ発展している。

 

 

 

 

激務であろう緊急医療の現場にもたくさんの女性が活躍している。「激務=女性には向いていない」という大学側の指摘は説明がつかない。また、その指摘を根こそぎ覆すこんな意見も。

 

 

そして、人手が足りず激務を強いている職場は医療現場に限らない。この「入試減点問題」が、改めて日本の労働環境の不整備を浮き彫りにした。

 

 

 

「子供が発熱」「親が入院した」など不測の事態に休むことに罪悪感を感じてしまう人がいる。休めば評価が下がる?迷惑がかかる?男性が育休なんてありえない?−−これが日本の労働環境の嘆かわしい部分だ。


この問題が導いた結論はこれではないだろうか。

 

 

最近の学生は「やりがい」より「働きやすさ」を選ぶ傾向がある。(ぐんまシューカツnet 2018/4/28「学生・企業間に意識ズレ」)企業側からは“嘆き”にも似た声が聞こえるが、これも極めて賢明な選択なのだ。