地元スタッフによる群馬就活情報サイト


2018/09/03

群馬の企業インタビュー【群馬トヨタ自動車株式会社】③

戻る
群馬の就活情報 ぐんまシューカツnet



群馬の先輩インタビュー【群馬トヨタ自動車】③


   ~レセプションフタッフ編~

 


「自動車王国・群馬」をけん引するトップディーラーである群馬トヨタ自動車。
「トヨタ」の店舗は群馬県内全域をカバーし、さらに「レクサス」、「フォルクスワーゲン」も展開し、多様なニーズに応えています。戦後間もない
昭和21年(1946年)から70年以上にわたり、お客様との信頼を積み重ね、地域のクルマ社会発展に貢献してきました。


今回は【レクサス高崎】から、セールスコンサルタントの小暮陸さんと、レセプションスタッフの狩野円香さんに、現在の仕事と就活について聞きました。


kanou1

群馬トヨタ自動車株式会社
レクサス高崎  レセプションスタッフ 狩野円香さん 
2016年入社 渋川市出身 共愛学園前橋国際大卒

 







レクサスブランドにふさわしいおもてなしをお届けしたい

 

 



■レセプションスタッフはどんなお仕事でしょうか?

 

 

私たちレセプションスタッフは、ショールームにご来店されたお客様へのファーストコンタクトがメインの仕事です。お客様にクルマを販売する仕事ではなく、レクサスの店舗にいらっしゃったお客様をお出迎えしたり、お席へご案内をしたりすることが私たちの役割です。また、点検で訪れたオーナー様に内容をご説明したり、専用ラウンジで呈茶したりなど、お客様との接客応対を通じてレクサスブランドに相応しい“おもてなし”をお届けしています。

 

 

 

■レクサスのショールーム勤務は何年目でしょうか?

 

2年目です。私は2016年に入社後、オートモール渋川店に配属されましたが、翌年レクサス高崎へ異動になりました。入社以降、接客で一番大事にしていることは「親しみやすさ」です。オートモール渋川店で働いていた頃は、地元ということもあり、父や祖父の友人など顔見知りの方の来店も多く、気さくに会話をしていたのですが、レクサスブランドで求められている接客応対は少し異なるのかなと感じています。現在は接客の質を更に高められるように励んでいます。

 

 

 

■レクサスの研修はどのようなものでしたか?

 

レクサス異動後の2017年6月に富士スピードウェイで2泊3日の研修がありました。その研修は、全国のレクサススタッフが必ず受講するもので、職歴に関係なく「レクサス1年目」の方が集まる研修です。クルマのことはもちろん、所作・ヘアメイクなど、レクサスの一員としての心構えなど“おもてなし”を1から学びました。

 

 

 

■クルマのことについてはどのぐらい勉強するのですか?

 

詳しいことはセールスコンサルタントに任せていますが、価格や燃費、グレードによる装備の違いなどは私たちレセプションスタッフもすぐに答えられるようにしています。新型の車種が発表された際には、スタッフマニュアルを読み込んでいます。

 

 

 

■どんな時にやりがいを感じますか?

 

レクサスのショールームにはオーナー様専用のラウンジがあります。点検でお待ちになる方の他にも「ちょっと休憩に」「待ち合わせまで時間があったから」などと、カフェ感覚で寄ってくださる方もいらっしゃいます。お客様と接する機会が増えてとても嬉しいですね。お越しいただくだけでも嬉しく思いますが、私たちとの会話を楽しみに、差し入れまでくださる方もいらっしゃいます。そういったお客様との関わりがあると「少しでも必要な存在になれているのかな…」と思い、やりがいを感じます。

 

 

 

 

■群馬トヨタ自動車の企業としての良さを教えてください

 

先輩方が皆、親切で働きやすい環境です。また、福利厚生が整っていたり、年間休日が多いのも魅力だと思います。毎週月曜日と第1火曜日が定休のほか、GW・夏季・年末年始などの長期休暇も取れますし、3カ月に1度、土日も休むことができます。産休・育休を取得する先輩も多いので、女性として安心して働けると思います。その他にも、駅伝大会やボウリング大会などの社内イベントもたくさんあります。店舗の垣根を越えて会社全体で行うイベントや行事はとても盛り上がります。

 

 

 

■今後どんなスタッフになりたいと思いますか?

 

kanou小

現在の店舗には後輩が1人いるのですが、私が何かを教えているというよりは“一緒に勉強している”という感覚です。今後も後輩は更に増えてくると思うので、経験を積んで、自分の成功談や失敗談を効果的に伝えていけるような先輩になりたいと考えています。また、お客様に対しては「ショールームに来るきっかけになるスタッフ」になりたいです。私のおもてなしがお客様に伝わって、「あのスタッフがいるから行ってみよう」と思っていただけたら嬉しいです。

 

 

 

 

 

Part4へ続く

 

~セールスコンサルタント編~

群馬トヨタ自動車株式会社