地元スタッフによる群馬就活情報サイト


2018/09/04

群馬の企業インタビュー【群馬トヨタ自動車株式会社】④

戻る
群馬の就活情報 ぐんまシューカツnet



群馬の先輩インタビュー【群馬トヨタ自動車】④


   ~レセプションフタッフ編~

 


「自動車王国・群馬」をけん引するトップディーラーである群馬トヨタ自動車。
「トヨタ」の店舗は群馬県内全域をカバーし、さらに「レクサス」、「フォルクスワーゲン」も展開し、多様なニーズに応えています。戦後間もない
昭和21年(1946年)から70年以上にわたり、お客様との信頼を積み重ね、地域のクルマ社会発展に貢献してきました。


今回は【レクサス高崎】から、セールスコンサルタントの小暮陸さんと、レセプションスタッフの狩野円香さんに、現在の仕事と就活について聞きました。


kanou2

群馬トヨタ自動車株式会社
レクサス高崎  レセプションスタッフ 狩野円香さん 
2016年入社 渋川市出身 共愛学園前橋国際大卒







内定をもらったら「絶対に入社したい」と思いました

 

 


 

■就活はいつから始めましたか?

 

3
年生の12月頃です。私は4年生の5月に教育実習を控えていたので早めに行動する必要がありましたが、何から始めればいいのかわからなかったので、まずは大学のキャリアセンターに通いました。3月の解禁後は大学で行なわれたセミナーや企業研究説明会に参加しました。

 

 

 

■大学のキャリアセンターではどんなことを教えてもらいましたか?

 

私は大学3年生の1月に初めて行きました。週に何回か通いながら就活の進め方を教えてもらったり、エントリーシートを添削してもらったりしました。中でも私が一番役立ったと思うのは面接の練習です。色々な人からの意見が欲しかったので、たくさんの方に模擬面接をしていただきました。また「実際に面接が終わった後には人事の方にお礼のメールをするといいよ」とアドバイスをいただき、実行しました。社会人になった今もお礼のメールは続けていて、私の習慣の一つになっています。

 

 

 

■どんな業界を考えていたのですか?

 

最初は住宅やブライダル関係などを考えていました。お客様の顔が見えない仕事よりは、お客様と直接お話ができて、長くお付き合いが続く仕事がいいなと思っていました。

 


■東京での就職は考えなかったのでしょうか?

 

東京で働くことへの憧れはあったのですが、バスツアーで東京の合同企業説明会に行った際、人の多さに参ってしまい、私には向いてないなと思いました。でも向いていないことが分かったので結果的には行って良かったです()。親や友人がいる群馬で楽しく働くことができているので、後悔は全くありません。

 

 

 

■群馬トヨタに興味を持った理由を教えてください?

 

lexusshugo群馬トヨタの合同説明会に参加した理由は2つあります。1つ目は、父をはじめ、周りの友人にもトヨタユーザーが多く、私にとって身近なブランドだったことです。2つ目は、大学のキャリアセンターの先生を通して、大学の先輩が多く活躍していることを知ったからです。大学やその他の会場で開かれた合同説明会でOGを見かけて「制服が似合っていて素敵!」と思いました。

 

 

 

 

 


■受けてみようと思った要因は?

 

合同説明会の際に、採用担当の方が会社のことだけでなく就活のことについて語っていたのが印象的でした。多くの会社では、自社のアピールポイントや社員の活躍の話が中心でしたが、群馬トヨタでは就活についてのアドバイスや心構えなど、事業内容以外の話もたくさん聞かせてもらうことができました。それに加え、学生に対する接し方もとても丁寧だったので、「きっとお客様にも丁寧に接する会社なんだろうな」と思い、好感を持ちました。

 

 

 

 

 

■群馬トヨタに決めた理由は?

 

群馬県内が商圏の企業なのでもし異動があっても群馬で働けるということと、県内でも業界を牽引する企業であるという安心感が大きかったです。また、最終的な決め手となったのは採用担当の方の対応でした。選考は順調に進んだものの、最終面接が教育実習と重なってしまい悩んでいましたが、正直にお伝えしたところ、すぐに日程を調整してもらえました。「いろいろなことに挑戦してみて、縁があればまた会いましょう」と言われ、不安な気持ちが吹き飛びました。群馬トヨタ自動車は「挑戦」というテーマを掲げているということで、会社の考えに沿ったスマートな対応が素敵だと思いました。「内定をもらったら絶対に入社したい!」という気持ちになりました。

 

 

 

■群馬で就職して良かったことはありますか?

 

初めはオートモール渋川店に配属になったので父や地元の友人に「クルマのことは任せてね!」と言えることがやりがいの1つでもありました。友人から「ありがとう」と言われると、周りに貢献できているのかなと思いました。レクサス高崎に異動してからは、お客様と地元の話で盛り上がると「群馬出身で良かった」と実感できます。レクサス高崎では、私が店舗で唯一の渋川市出身なので、“ローカルネタ”をトークの強みにしています!(笑)

 

 

 

 

■就活生にメッセージをお願いします

 

多くの合同説明会に参加することも大切ですが、ある程度下調べをして的を絞ることも大事だと思いました。重要なのは説明会に参加した数ではなく、入社したいと思う企業を見つけることです。効率を上げて時間を上手く使うことも就活生には必要なことだと思います。私の就活の反省点を挙げるとすれば、SPIの勉強にしっかりと取り組むべきであったということです。弊社の選考の際にもあったのですが、あまり解答できずショックを受けました()。知識は職種関係なく役に立つので、少し時間を割いて対策をしておくと良いと思います。それから、睡眠不足は大敵です。自分の力を発揮するためにも体調管理に気を付けて頑張ってください!

 

 

~セールスコンサルタント編~

群馬トヨタ自動車株式会社