地元スタッフによる群馬就活情報サイト


2018/10/05

働く人の「社食」事情

戻る
群馬の就活情報 ぐんまシューカツnet

 

 

 

女性は堅実派が多い?

「社食」に関するお昼ご飯アンケート

 

 

 

リクルートライフスタイル(東京都千代田区)は、社員食堂についてのアンケートを実施、結果を公表した。

アンケートは首都圏、関西圏、東海圏に住む20〜69歳の男女にインターネットで実施。有効回答10,343件の集計結果となる。

 

 

《社食がありますか?》

 

image001

 

社食を完備した会社に勤めている人は全体の23%だった。20代の男女に絞ってみてみると、

image003

image002

 

男性では半数が社食のある環境にいることがわかる。ではし社食環境のある人の中で利用状況はどうだろうか。

 

image004image005

 

なんと、男女ともに「0日」、つまり全く利用していない人がダントツの数値になった。女性では半数以上が全く使わないという結果になった。毎日使う人はともに2割弱。あとは週に数回利用する程度にとどまった。

 

では、社食を利用しない日のお昼ご飯は一体どうしているのか。

 

image006 image007

 

ここで、男女で大きな差が出た。

男性は「スーパー・コンビニで購入」が群を抜いて多いのに対し、女性は「自分や家族が作った弁当」が最多となった。【社食を利用したくない理由】として「金額が高いから」という選択肢を選んだのは20代男性が16.7%に対し、女性は22.5%と、昼食に対する金銭感覚の違いが浮き彫りになった。女性はお昼ご飯を自炊することによって節約に繋げているのかもしれない。

一般的には安く、バランスのとれた食事が取れるイメージのある社食。社外に出なくても食事が取れるのは、忙しい時などにはとても便利だ。あなたは社会人になったらどんなランチタイムを過ごしたいだろか。