地元スタッフによる群馬就活情報サイト


2018/10/16

群馬の企業インタビュー【イーケーエレベータ(株)】②

戻る
群馬の就活情報 ぐんまシューカツnet

 

 

群馬の先輩インタビュー【イーケーエレベータ株式会社】②

 

 高崎市のイーケーエレベータは、業務用のエレベーターにおいて国内トップレベルのシェアを誇る優良企業。

Made in Japan」のこだわりと誇りを胸に、物流支援での社会貢献に務めています。イーケーエレベータで働く新卒2年目の柴田大地さんに会社について聞きました。


 

DSC_0877のコピー2


物流を支えているという使命感を持って仕事をしています

 

 

 

イーケーエレベータ株式会社 
営業本部 CS課 CS営業係 柴田大地さん 2017年入社
山形県村山市出身 高崎経済大卒 

 



■イーケーエレベータはどんな会社ですか?また柴田さんはどんな仕事をしていますか?

 

 エレベーターを通して、日本の物流を支えている会社です。当社の取引先は物流倉庫や工場がメインとなります。当社の営業担当は、新しくエレベーターを設置するための新設営業、そして私のようなメンテナンスの営業、それから古くなったエレベーターのリニューアルを提案する営業の3種類あります。私はCS課という部署でメンテナンス営業を担当しています。当社のエレベーターを設置しているお客様の点検業務を請け負う仕事です。意外かもしれませんがメンテナンスはエレベーターを設置すれば必ずセットになっているものではありません。お客様がメンテナンス専門の業者に頼んでいる場合もありますし、「壊れた時にだけ来てくれればいいよ」というお客様もいます。その中で、当社のメンテナンスを選んでいただくように提案することが私の仕事です。

 



■営業エリアは群馬県内ですか?

 

 いいえ、群馬県内とは限りません。当社のエレベーターは東北から九州まで設置させてもらっています。営業係で担当を振り分けていて、私は主に関東や大阪方面のお客様を担当しています。エレベーターを設置した後には、どんな場所に設置してあるのか、またどんな人が管理担当なのかなど情報をインプットするため、無償点検期間中に技術担当の人と一緒にお客様の元へ出向きます。

 



■仕事をする上で気をつけていることは何ですか?

 

 お客様が何を求めているかをよく汲み取ることです。 お客様に言われたことだけではなく 、その先を感じ取ることが大事だと思います。プラスアルファの提案ができるように、頑張っています。 それから、これはビジネスマンとしては基本かもしれませんが、人と話す時、報告する時は的確に伝えられるよう「5W2H」を意識しています。

 




■やりがいを教えてください!

 

 営業職なので自分が一から提案したものについて、ご理解してもらって、受注をいただけた時に一番やりがいを感じます。

 

 


■この仕事をやる上で必要なスキルはありますか

 

 エレベーター設置はメンテナンスの面で複数の法律が絡んでくるので、営業職も知識として関係する法規の勉強をします。 現場で直面した問題について、しっかり確認しながら仕事を進めるようにしています。また、どこの職場でも共通して必要なのは「学ぶ力」ではないでしょうか。 教えられたことを自分のモノにできるようにする工夫や意欲が必要だと思います。一度間違えてしまったことは、次に間違えないようにメモを取るなど、自分なりの工夫をしています。同じ失敗を2度しないとか、そういう部分が社会人として大切なのかなと思っています。

 



■メンテナンスは会社の商品にも関わる重要なことだと思いますが責任を感じますか?

 

DSC_0863小 そうですね。当社が扱う荷物用のエレベーターは、数百キロから何トンというものも乗せ載せますので、これが止まってしまいますと他に代替する手段がないんです。 車が壊れたら別の車を用意すればいいですし、道が塞がってしまったら別の道を通ればいいですが、エレベーターが壊れて故障してしまうと物流が止まり、業務に大きな支障をきたします。ですからエレベーターを「止めない」ということが 重要ですし、万が一、何かあった時にはすぐに復旧できるということも大事です。メンテナンスをおすすめする中で、当社のサービスで何ができて何が出来ないのかということをきちんと理解していただけるよう意識しています。



■入社2年目、いまのお気持ちは?

 

「あっという間」というのが率直なところです。いろんなことを経験させてもらって、いまは営業にも一人で行かせてもらっています。仕事を通じて多くのことを経験できていると思います。入社した頃は大きいエレベーターってかっこいいなーという感じだったのですが、少しは知識がついて、より面白くなってきました。 他社のエレベーターに乗った時に「この部品はウチで言ったらどの部品何だろう?」とか考えちゃいますね(笑)。

 



■今後はどんな社員になりたいですか?

 

 入社2年目でまだまだ一人前とは言えません。これからもっとたくさんの仕事ができるようになることが第一です。社会に出て気づいたことは、信頼されている人は、いろんな人に声をかけられているということです。社内はもちろん、取引先からすぐ電話がかかってくるなど何かと頼りにされているのが見ていて分かります。自分もそんなふうに「声をかけられる社員」になりたいです。

 

 

 

Part1

イーケーエレベータ株式会社