地元スタッフによる群馬就活情報サイト


2018/11/01

入社への不安ってどんなこと?

戻る
群馬の就活情報 ぐんまシューカツnet

 

 

内定をもらったはいいけど


入社まではやっぱり不安だよね…

shinpai_woman

 大変だった就活を終え、晴れて内定を手にし内定式まで終えたのに、ハッピーより不安が大きくなってしまう… ということがあるようです。一種の「内定ブルー」とも言えますが、新しい世界へ飛び込もうとしているのですから漠然とした不安が襲うのはしかたありません。

リクルート・就職みらい研究所「就職プロセス調査2019(10月1日時点)」によると、入社への不安が「ある」の割合は全体で68.7%に及んだ。

image001

その内容を見ると

○ 完全週休二日制を軸にしていたため、その点では納得し ているが口コミなどをみていると給与面が低く不安。 (文系、男性)

○ 文系ながら技術職として採用されたので、その分野を専 攻していた方とのスキルの差がどれほどあるのか、働い てついていけるのか不安。(文系、男性)

○ 現在の堕落した生活から、社会人としての生活になって 本当にやっていけるのかどうか。(文系、男性)

○ 配属先がまだ決まってないため、具体的に働くことが想 像できず、心の準備もできないこと。(文系、女性)

IT業界に進むが、ITのことがわからない。(文系、女性)

○ 社会人として何が求められるのかよく分からない点。 (理系、男性)

○ 内定者懇親会があり、同期と会ってあまり馴染めそうに なかった。面接の前に受けていた説明は建前だったらし く、懇親会で本音のように聞かされた内容が違っていた。 (理系、女性)

○ 自分の専門と異なる分野の企業の研究職になるため、入 社後に仕事についていけるか心配。また、正社員として 働いたことがないため、どのような様子かわからないこ とも心配。(大学院生、理系、男性)

 

 

「ついていけるか」「何をしたらいいのか」という心配は、実際に仕事をしていないのだから考えても仕方ないことです。そもそも採用する側は新卒学生については仕事スキル=0の状態と見なしているので(中途採用は違いますが)、心配無用です。

「堕落した生活から社会人になれるのか」という心配は大いにしたほうがいいですね(笑)。そこは努力しましょう。