地元スタッフによる群馬就活情報サイト


2018/11/02

採用スケジュール、どうでした?

戻る
群馬の就活情報 ぐんまシューカツnet

 

内定者に聞く


就活の時期について

 

 

この秋、就活ルールの見直しがあり、就活時期について指揮をとっていた経団連が主導権を手放しました。経団連中西会長は就活ルールの撤廃を提案しましたが、これに対し大学側、企業側から多くの懸念が出たという背景があります。

結局、在学中の学生が就活をする時期についてはこれまで通りのスケジュールで進行することが決まりましたが、実際に就活を経験した人は時期についてどう感じていたのでしょうか。

image001

就職みらい研究所の調査によると、【現在の採用スケジュールにより困ったことがあったか】という質問に対し、ある30.3%、ない69.7%という結果になりました。7割の人が支障なかったと答える中、3割はなんらかの困りごとが。

 

個別の意見としては、

◯就職活動の時期と教育実習の期間が被ることになり、 教育実習を諦めた。(文系、女性)

○  4月に第一志望の企業から内定が出ていたので、周りから僻まれることがあった。6月面接解禁のルールのせい で、4月、5月から面接は受けたのに最終面接は6月だ という友人が何人かおり、進度の差に皆不安になってい た。(文系、女性)

○ 採用面接の開始時期は正式には6月だが、早い企業は 3月や4月から始めているため、面接とESの締め切り が被ったりして非常に忙しかった。(理系、男性)

4年の前期を就職活動で潰してしまったがために学生の 本分である学業を行えなかった。(文系、男性)

公務員試験は時期が遅い。(文系、女性)

就職活動(合同企業説明会や選考)が授業と被り、どちら か選ばざるを得なかったから。(文系、男性)

○ 薬学部のため、実習により、選考が受けられないケース が多々あった。薬学部のカリキュラムにも問題があるが、 もう少し学生生活を配慮したスケジュールにしてほしい。 (理系、女性)

○ 一次の試験日程はわかっても、その後の具体的な日にちを示していないことが多く、アルバイトや学校に支障が出た。(文系、女性)

 

「時期」の早い遅いではなく、学業や公務員試験との両立が難しいという意見が目立ちました。企業側が平日にしか日程を取れないなら、夏休みなど長期休みに就活の佳境が来るようなスケジュールだといいかもしれませんね。

 

また、【就職活動の時期が決まっていることに対する考え】は、

「時期が決まっていたほうが良い」47.5%

「どちらでも良い」25.6%

「時期は定めず、自由な時期に 選考が開始される方が良い」27.0%

 

決まっていたほうが良いと思う人は約半数。なんとも微妙…な結果となりました。決まっていれば、就活スタートの目安ができるという意味では動きやすいのではないでしょうか。でも就活の終わりはいつになるかわかりません。特に実習などがある人は、両立ができるよう今から対策する必要がありそうです。