地元スタッフによる群馬就活情報サイト


2018/12/06

群馬の企業インタビュー【タマムラデリカ(株)】②

戻る
群馬の就活情報 ぐんまシューカツnet


群馬の先輩インタビュー【タマムラデリカ株式会社】②



 タマムラデリカ株式会社は、セブインイレブンのうどん・そば・中華麺のメニュー専用調理麺工場として北関東3県に拠点を持つ企業です。安心・安全な商品を提供するため、衛生管理システムは業界内でも特に高い水準を保持しています。

同社で「品質管理」の仕事をしている石田千春さんに、就活や群馬で働くことについて聞きました。






学んだことを活かせています

 


DSC_6507のコピー

タマムラデリカ株式会社
品質管理課 主任 石田千春さん 伊勢崎市出身 2014年入社 東京工科大学卒

 

 

 

■就活はいつ、何から始めましたか?

 大学3年の講義の中でキャリア教育があったので、そこでエントリーシートの書き方や面接の仕方などは教えてもらっていました。3年の半ばぐらいに就活サイトに登録して企業探しを始めました。学校内の企業説明会にも参加しましたが、東京の大学なので東京の企業中心でした。私は地元で就職したいと思っていたので、そこでは群馬に支社がある会社に絞って説明を聞きました。東京で行われるUターン希望者の説明会や地元の合同説明会にも参加しました

 

 

 

■どうして群馬に戻りたいと思っていたのですか?

 東京でひとり暮らしを始めて最初はそこまで苦でもなかったのですが、続けているうちに「帰りたい」と思うようになりました。ちょっと寂しさもあったのかもしれません。家は八王子だったので都心のような人混みもなかったのですが、もし東京で就職するとなると、満員電車に乗って通勤することになっていたと思うので、やっぱり地元で働きたいと思いました。

 

 

 

■どんな企業を見ていましたか?

 大学では応用生物学という学科で植物の勉強をしていました。それを活かせる仕事を就活サイトで調べた時に出てきたのが種苗会社や農協などでした。同じ学科出身の先輩もそのような企業に勤めている人が多かったのでイメージがしやすかったこともあり、説明会に行ってみたりもしました。

 

 


■タマムラデリカにたどり着いた経緯は?

 大学の授業で検査をやっていたので、それが活かせる所があるのか調べていたら食品会社の「品質管理」で検査の業務があるということがわかりました。そこから群馬県内の食品工場を中心に調べていきました。タマムラデリカは就活サイトで知っていたので、説明会の時にブースに足を運びました。4年生の8月、地元の説明会です。

 

 


■タマムラデリカの最初の印象は?内定はいつ?

 最初にセブンイレブンに商品を卸しているというのを聞いて、大企業との結びつきに安心感を抱きました。説明会の後、工場見学に行ってそのまま一次試験、そして役員面接という形で9月下旬ぐらいには内定が決まりました。当社を第一希望にしていたので最終面接まで残っていた会社も数社ありましたが、早い段階で当社に決まったので途中でお断りしました。

 

 


■入社の決め手になったのは?

 やはり大きい会社とのお付き合いがあるという安定感です。それから実際に工場見学や面接で社員の方々と接する機会がありましたが、とても雰囲気がよく、フレンドリーな社風を感じられたので「ここで働いてみたいな」と思いました。面接も堅苦しくなく、気軽に答えられるような空気を作っていただけて、ガチガチにならずに受けることができました。その甲斐あっていつもの自分を素直に出すことができたと思います。

 

 


■群馬に就職してよかったことは?

 一人暮らししていたことを考えると実家は楽ですね。大学でも知り合いはできましたが、地元に帰ってきたら子供の頃からの友達がいるので安心感があります。中学生の時から吹奏楽でクラリネットをやっていたのですが、今もその仲間と市民吹奏楽団で続けています。仕事が終わった後に練習に行くのもリフレッシュにもなりますし、なにより楽しいです。地元で趣味を続けられるのもうれしいですね。

 

 


■就活生にメッセージお願いします

 自分が大学でやってきたことがどのように仕事に活かせるのか、自分が本当にやりたい仕事って何だろう?としっかり考えて企業を選ぶと、実際入ってからもその目標に向かって一生懸命できるし、楽しく仕事が続けられると思います。楽しくできるというのが長続きする秘訣だと思うので、これはとても重要です。私も自分が何をやりたいのか分からなくなって悩んだ時期もあったのですが、その時は同じ学部の友人や先輩、親にも相談するうちに自分の思いを整理することができました。また、企業説明会では説明してくれる方の話し方や企業の方同士の会話から、企業全体の雰囲気が伝わってくると思います。合同企業説明会は企業の雰囲気を感じ取ることができるチャンスです。たくさん参加してください!

 

 

 

Part3 新しい取り組み へ続く

 

Part1

 

タマムラデリカ株式会社