地元スタッフによる群馬就活情報サイト


2018/12/12

冬以降のインターンシップ

戻る

 

群馬の就活情報 ぐんまシューカツnet

 

 

インターンはもう終わり?


就活解禁までまだまだ動こう!

 

 

group_kouitten_business

 株式会社ディスコが2020年卒の学生に実施したアンケートでは、86%の3年生がすでにインターンシップを経験していることがわかりました。インターンシップに参加した理由としては以下のような意見が出ました。

 

・具体的に志望業界が決まっていないので、色々な業界を回って自分に合いそうな業界を探している。 <文系女子>

・自分の興味のある分野を絞るために、また適性を見るために、少しでも気になった業界の企業には少なくとも 1つはインターンシップに参加するようにしました。 <理系女子>

・自己分析や業界分析をしても、実際に体験してみないと自分にあっているかどうか分からないと思ったから。 <理系女子>

・社員の方々と話をすることでインターネットやパンフレットなどからは分からない生の情報を入手することが できるから。 <理系男子>

・行きたい企業が具体的に決まっていたため、その会社で働いている人の雰囲気や業務に対する姿勢をより詳し く知りたいと思いインターンに参加しました。 <理系男子>

会社説明会等だけでは、志望動機を考えるにあたって、十分な知識を得られないと思うから。 <文系女子>

・本選考に有利になると噂の企業を中心に応募した。 <文系男子>

 

最後の意見は真相は定かではありません。打算的な考えで参加するのはあまりよくないことです。人事の人も下心は見抜きますので気をつけましょう。

 

さて、今後のインターンシップに参加についてはどうでしょうか?
結果を見ると、まだまだ参加するという声が大多数です。

 

image001

 

 予定を合わせやすい1日のプログラムは人気ですね。とはいえ、5日以上を希望している人も半数近くいます。インターンへの取り組みは非常に前向きと言えるのではないでしょうか。いつ頃参加したいかという問いには12月、1月、2月とだんだん上がる傾向に。冬休み、春休みを利用して積極的に参加しようという計画が見えます。

image002

 面接にも必要な「大人の人と話す」のに慣れることができるのもインターンの大きな利点です。3月の就活解禁までまだまだ時間はあります。インターンを通して「社会に出る」という実感を徐々に高めていきましょう。