地元スタッフによる群馬就活情報サイト


2019/04/02

え、そんなに…!?20代男性の??%は転職願望アリ!

戻る
群馬の就活情報 ぐんまシューカツnet

 



あんなに就活がんばったのに…


20代男子の7割以上が転職を考えている!

 

 

 

fukidashi_tensyoku_man
 建設業に特化したエンジニアの派遣業を営む株式会社アーキ・ジャパンは、20代の働く男性を対象に「働き方に関する意識調査」を実施し、結果を公表しました。
 
調査概要:『働き方に関する意識調査』
【調査日】  2019年3月5日(火) ~ 2019年3月11日(月)
【調査方法】 インターネット調査
【調査人数】 962人
【調査対象】 20代の働いている男性
【モニター提供先】ゼネラルリサーチ
  


■現職に不満はありますか?また、その不満とは何ですか?
 
main
 

 働く20代ですから、ほとんどの人が勤続10年未満だと思われますが、61.3%が不満あり。不満の理由1位は「給料と仕事量が合っていない」でした。長い労働時間の割に満足できない給料…残業や休暇の問題も絡んでいそうですね。この先何十年と働く20代ですから、やりがいを感じなかったり、将来性に不安があるような職場では到底やっていけるはずがありません。

 



■「不満がある」と答えた方、実際に転職を考えていますか?不安はありますか?



sub1

 

 現職に不満を持っている人のうち、72.2%が転職を考えているという結果になりました。就活をがんばって勝ち取った採用、そして納得の上での入社だったとしても、実際に働いてみないこともあるはず。もし、職場に対して我慢できない不満が溜まってしまったら、転職してみるのも一つの手です。一般的に、若ければ若いほど新しいことにもチャレンジしやすいですから、心機一転、全く畑違いの業界に鞍替えできるのも若いうちの特権かもしれません。逆に、長年キャリアを積んでいれば同業界での転職が有利になるでしょう。

 「転職への不安」では「未経験なので研修制度について気になる」が31.8%で最も多くなりましたが、20代はまだまだ吸収できる年代ですから、あまり心配することはありません。問題は「自分のやりたい仕事の求人が見つからない」「条件のある求人がなかなか見つからない」といった求人のミスマッチです。やりたいことがあるのに、実現できないのはツラいですよね。

でも実は、転職の経路は求人・募集だけではありません。実際、特に求人がない場合でも直接自らを売り込んだり、知人を伝って採用担当の人に会わせてもらったりして転職の扉を開く人もいます。行動を起こすためには、アンテナを張ることが重要なのです。

 

 転職は決して悪いことではありませんが、一度はきちんと納得して入社することが自分にとっても、企業にとってもハッピーであることは間違いありません。