地元スタッフによる群馬就活情報サイト


2019/04/04

群馬にも初任給引上げブーム来るか!?

戻る
群馬の就活情報 ぐんまシューカツnet

 

 

ファストリで話題!


初任給アップは学生集めのため?

 

 

buisnessman_money_niyakeru_woman

 
 ユニクロやGUを展開するファーストリテイリングは、2020年春に入社する新入社員の初任給を現在から約2割引き上げることを発表しました。現在21万円の大卒初任給を、2020年春入社で国内や海外の転勤がある職種については21%高い25万5千円にする方針だといいます。

 ファストリ程の上げ幅ではありませんが、キューピーやイオンリテールなどの大手も今春や来春にかけて引き上げを明らかにしています。

 


■初任給がいいってどういうこと?

 

 群馬県内のとある金融機関では、およそ20年前の大卒初任給が170,000円程度でした。現在は190,000円です。20年の歳月をかけやっと2万円弱上がりました。そう考えると、ファストリの21%引き上げがどれほどスゴイことかお分かりでしょう。どうして初任給を上げる企業が増えているのでしょうか?

 

「学生が欲しいから初任給だけ良くしてるんじゃないの?」

 

という人は当たらずとも遠からず。初任給が良くてもその後給料の伸びがあまり期待されないということもあり得ます。そう言ってしまうと聞こえが悪いですが、初任給引上げは学生集めのパフォーマンスではなく、年功序列から能力評価への転換を示唆しているのです。

 

 年功序列だったころは、「若い=給料安い」は普通のこと。歳が増えれば給料も年々増えていきました。しかしこれからは「有能な人がたくさんお給料をもらえる」というベンチャー企業では当たり前の概念が社会全体のスタンダードとなって行くのです。初任給の良さだけで企業を決める人はあまりいないと思われますが、「どうして上げているのか」というところに注目してみてください。群馬にも、年齢に関係なく評価してくれる企業が増えてくるのではないでしょうか。