地元スタッフによる群馬就活情報サイト


2019/05/15

群馬の企業インタビュー【株式会社ユー・コーポレーション】②

戻る
群馬の就活情報 ぐんまシューカツnet



群馬の先輩インタビュー【株式会社ユー・コーポレーション】②


   ~営業編~

 

 安中市に本社を構えるユー・コーポレーションは、E&T事業部、TEC事業部、APPA事業部の3事業部からなる企業です。各企業部で事業内容が異なり、それぞれ機械操作パネル製造、金属切削加工、アパレル服飾加工などと手掛ける事業が多岐に渡っているのが特徴です。【E&T事業部】の営業部入社5年目、堀越悠嗣さんに伺いました。

DSC_9793のコピー

株式会社ユー・コーポレーション
堀越悠嗣さん  高崎市出身 東京経済大学卒 
2015年入社  E&T事業部 営業部







「人のためになる」が選んだ理由

 

 

 

■都内の大学ご出身ですが、地元に帰ろうと思っていたのですか?

 
 半々でした。大学が都内だったので、東京と群馬両方で就活をしていて、その中で数社を受けました。「地域」というより「仕事」で考えていたので、決まったところに行こう、という感じでした。東京と群馬を行き来して合同説明会に参加していました。

 



■どのような「仕事」に興味があったのでしょうか?

 
 人の健康を管理したり、命を助けたりするという面から、医療器や防災機器メーカーに魅力を感じていました。自分の中で「人のためになる」というのが一つの基準になっていました。就活サイトで「医療器」で検索したところ、当社が「医療器に携わるメーカー」でヒットしたので、「工場見学会」を申し込みました。

 



■最終的にユー・コーポレーションにしたのは?

 
 数社しか受けなかったのですが、そのうち当社と東京の企業の最終選考まで進みました。「ここまで来たらあとは受かったところに行こう!」と決めたところ、当社から内定をもらえたので就活を終了しました。東京か群馬かという問題も、受けた企業に決めてもらったという感じです。決まったのは大学46月ぐらいだったと思います。

 



■群馬で就職してよかったことは?

 
 地元で、家族や友人の近くに居られるので落ち着きます。通勤ラッシュもないので東京よりは、のびのびと働けると思います。朝はちょっとした通勤渋滞はありますけど、5人乗りのクルマに1人で乗っているので、満員電車を思えば楽ですね()。東京で満員電車も経験しましたが、あれを朝と夜に毎日…となると大変だと思いました。

 



■金銭的には?

 
 金銭的にはあまり変わらないかもしれないです。就職して少ししてから、安中で一人暮らしを始めて、クルマも持っているので。東京で家賃を払うのと同じぐらいになってしまっているかもしれませんね。もちろん、実家に居れば金銭的メリットは大きいです。

 



■これからの目標は?

 
 営業職なので、お客様の言っていることをもっとスピーディーに理解して、ご要望に対して、さらにいい提案をできるようにしたいです。そうすればもっとたくさん仕事を振ってもらえますし、実績も作れます。そのために、これまで以上にお客様を大事にしていきたいと思います。

 



■学生にアドバイスをお願いします!

  
 「経済学部だから金融」などと決めつけず、いろんな会社を見て回ってみてください。「メーカー」といっても多くのメーカーがありますから、少しでも自分の興味に関わるところは調べたり、足を運んでみたりして興味を広げていくのがいいと思います。そうすれば、自分の思い描くようなことができる会社が見つかるかもしれないし、やってみたいことが増えるかもしれません。興味や関心がある業界の企業を探していくことで、自分に合った会社を見つけてほしいと思います。

 

 

Part1


株式会社ユー・コーポレーション