地元スタッフによる群馬就活情報サイト


2019/06/11

社会人も求める「学び」

戻る
群馬の就活情報 ぐんまシューカツnet

 

社会人だってずっと学びたい


働きながら学ぶ意味

 

benkyoukai_kunrenkou

 

 あなたは大学で学んでいますか。

 もちろん、大学は学びの場ですから、やりたい研究をするのが本来の学生の姿です。それが第一とは分かっていても、就活をしたりアルバイトをしたり、学生もなかなか忙しいのが現実ですよね。でもそんな「忙しい」と思っていた学生生活も、社会人になると「学生時代めっちゃ時間あったわ…」と思えてしまうかもしれません。

こんなデータがあります。

20190528_01C

 
  リクルートキャリアが行った「人生100年時代に働きながら学ぶこと」についてのアンケート調査(回答数930人:インターネット調査)によると、9割の人が「学びたい」と思っているけれども、実行できている人はそのうち6割。仕事と並行して何かをすることは難しいということが浮き彫りになりました。

 社会人が学ぶ理由は様々で、業務と関連する資格を取るために試験勉強をする人や、転職やステップアップのために仕事とは全く関係ない勉強をしている人もいます。また、語学やマナー、文章力、PCスキルなど社会人として身につけておきたい学びを求める人も多いようです。試験も成績表もない社会人をそこまで駆り立てる「学び」。人はどうしてそんなに学びたいのでしょうか。

 

20190528_02L

 

 一番多かったのは「広い知見・視野を得たい」でした。それは見返りや結果を求めない欲。資格など明確な目的があっての学びとは少し違いますね。この気持ちこそ、結果として2番目に多かった「自らの市場価値を高め」ることに繋がるのです。

 つまり学び欲、知識欲は「自分磨き」の1つなのですね。今は「社会人になったら勉強しなくていいんだ!」と清々している人も、社会人になったらきっとまた学びたくなってしまうでしょう。